クロノセルとシグナリフトを比較してわかった3つのメリット

クロノセル比較

クロノセルとシグナリフトを比較してわかった3つのメリット

更新日:

こんにちは、亜矢美です。

ここでは、

クロノセルとシグナリフトを比較してわかったメリット
について記しています。

シグナリフトを比較してどっちが効果が高いの?

美容液を購入するなら品質の良いほうがいい。

メリットの多いほうはどっち?

そんな疑問などを解消できる内容となっています。

シグナリフトを比較してわかったメリット①主要成分が多い

シグナリフトを比較してわかったメリット①主要成分が多い

ヒト幹細胞が配合されている量が多いのでより効果を期待できます。

シグナリフトと比較すると、クロノセルの方がヒト幹細胞培養液の成分を多く含んでいます。

その分、よりその効果が期待できるというメリットがあります。

 

シグナリフトに含まれる幹細胞エキスの成分は、独自のヒト幹細胞培養液である「シグナペプチド」というものとなります。

シグナペプチドの効果としては、細胞活性化による肌の生まれ変わり促進、コラーゲンの生成を促すことでの保湿力アップが期待できます。

これによりハリや弾力が期待できるのがメリットです。

クロノセル シグナリフト

クロノセルには「ヒト脂肪細胞・繊維芽細胞・骨髄幹細胞」という3種類のヒト幹細胞培養液が含まれます。

ヒト脂肪細胞順化培養液は、細胞の成長因子を最も多く含むヒト幹細胞培養液。

コラーゲンを多く含むため、潤いを与えることによってみずみずしさを保つことにつながる成分です。

 

またヒト繊維芽細胞順化培養液は、表面のもとになる成分をつくる「ヒト線維芽細胞」を正常化するもの。

線維芽細胞がつくるコラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸によって、ツルツル・スベスベになるのを促します。

クロノセル シグナリフト

さらにヒト骨髄細胞順化培養液は、ダメージや歳をとった表面を生まれ変わらせてくれるのを手助け。

このように含まれる成分を比較した場合、2種類も多くヒト幹細胞培養液が含まれるクロノセルの方がより効果を得られるというメリットがあります。

なお、いずれもパラベンなどの保存料を使用しておらず、アトピーなどの肌トラブルを抱えている人でも使用が可能です。

クロノセルを使ってみた本当の口コミからわかる意外な効果とは?
クロノセルを使ってみた本当の口コミからわかる意外な効果とは?

ここでは、 クロノセルを使ってみた意外な効果について詳しく記しています。 クロノセルを使ってみたいけど効果はどうなの‥? クロノセルを使ってみた本当の口コミが知りたい‥。 そんな疑問や悩みが解消できる ...

続きを見る

シグナリフトを比較してわかったメリット②ラクラク

シグナリフトを比較してわかったメリット②ラクラク

お手入れがしやすいので手間がかからずラクラクケアができます。

クロノセルはシグナリフトと比較して、日々のお手入れに導入しやすいというメリットがあります。

洗顔後の化粧水などをつける前に「土台美容液」として使用します。

 

使うタイミングとしては、今まで同様の洗顔後ケアの前に2~3滴を手にとり、肌になじませるように塗ればOK。

そうすることで、後の化粧水や化粧クリームなどの効果を高める事が期待できます。

クロノセル シグナリフト

一方シグナリフトについても、洗顔後ケアで初めに使う点では違いはありません。

ただし土台美容液というよりは”最初に使う化粧水”というイメージです。

 

このため今の化粧水などから変える必要があり、その化粧水で求めていた効能がシグナリフトにない場合には、更に追加する必要も考えられます。

また使い方についても次のような違いがあります。

  • クロノセルには普段使っているケアの1番初めに2~3滴使用。
  • シグナリフトは3~5滴を塗った上でその後のケアを行い、効果を確かにするために更にもう一度塗り込む。

ということが推奨されています。

このように使い方や導入の仕方を比較すると、シグナリフトに比べて使い方やタイミングが簡単。

日々のケアに導入しやすいというメリットがあります。

なお、いずれも添加物などを使っておらずアトピー肌の方でも問題ありませんが、導入前には事前にパッチテストを行うなどの対策をおすすめします。

クロノセルに含まれるグロースファクターのビックリするスベスベ効果
クロノセルに含まれるグロースファクターのビックリするスベスベ効果

ここでは、 クロノセルに含まれるグロースファクターについて記していきます。 クロノセルのグロースファクターとは? クロノセルに含まれるグロースファクターのメリットは? グロースファクターの効果って? ...

続きを見る

シグナリフトを比較してわかったメリット③コスパ

シグナリフトを比較してわかったメリット③コスパ

費用対効果(コスパ)が高く使い続けるほど経済的に助かります。

添加物を含まずアトピー肌でも使用できるクロノセルやシグナリフトの価格を比較すると、継続的に使う場合にはchronosellの方がお得だというメリットがあります。

chronosellシグナリフト
定価15,00010,800
定期1回目2,9802,980
定期2回目以降9,8008,640

chronosellが定価15,000円、定期コース1回目が2,980円、2回目以降9,800円です。

一方シグナリフトは定価10,800円、定期コース1回目が2,980円、2回目以降8,640円となります。

これだけ見ると、明らかにシグナリフトの方が価格が安いですよね。

しかしよく考えてみると、じつは必要な使用量に違いがあります。

 

chronosellは1回につき2~3滴といわれていますが、シグナリフトは3~5滴と倍近くの使用を推奨。

さらにシグナリフトは、1度塗った後に更に”ダブルで塗る”ことが推奨されています。

chronosellシグナリフト
内容量30ml33ml
1回分(0.33ml)1日3プッシュ1日5プッシュ
1ヵ月当たり1本使用1.5本使用

シグナリフトの内容量は33mlで、1プッシュ0.33mlと計算すると1日1回の利用料を5プッシュとした場合、月に約1.5本使用。

推奨されているようにダブルでの利用・気になるところの重ね塗りなどを行うと、更に使用する量は増加。

一方chronosellは内容量が30mlで、1日1回3プッシュとすると月に約1本で間に合う計算。

以上の事から両者を比較すると、継続的に使用する場合にはクロノセルの方が結果としてお得に使い続ける事ができることがわかります。

 

クロノセルとシグナリフトを比較してわかったメリットまとめ

クロノセルとシグナリフトを比較してわかったメリットまとめ

ここまでをまとめておきます。

ヒト幹細胞が配合されている量が多い。

お手入れがしやすいので手間がかからない。

費用対効果(コスパ)が高く使い続けるほど経済的。

ということでした。

この中でもとくにポイントになるのがヒト幹細胞が多く高い効果を期待できるになります。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

自分

私の体験談はこちら

クロノセルがアトピーにおすすめ♪

32歳主婦口コミまるで赤ちゃんの肌効果!?

比較してみた記事はこちら

-クロノセル比較
-

Copyright© クロノセルがアトピーにおすすめ?32歳主婦口コミまるで赤ちゃんの肌効果!? , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.