クロノセル比較

クロノセルとVINUS(ヴァイナス)を比較したときに感じる3つのメリット

更新日:

こんにちは!亜矢美です!

ここでは、

クロノセルとVINUS(ヴァイナス)を比較したときのメリットについて記していきます。

クロノセルとVINUSを比較して効果の高いほうを選びたい。

Chronocellにはどんなメリットがあるの?

ヴァイナスも気になるけどその前にChronocellと比較しておきたい。

そんな疑問を解消できるよう詳しくお話ししていきます。

VINUSを比較したときのメリット①表示の明確さ

VINUSを比較したときのメリット①表示の明確さ

ヒト幹細胞培養液の種類がハッキリとしていて肌質に合うのか事前に確認ができます。

ヒト幹細胞培養液を3種類配合しているクロノセルは、1種類のみ配合しているVINUSと比較して保湿成分としてハリ・保湿成分を他種類含んでいます。

ヒト脂肪細胞順化培養液はグロースファクターとも呼ばれ、ハリを保つ際に役立つ成分。

人線維芽細胞順化培養液には、美肌必須成分を作り出す役割を期待できます。

 

ヒト骨髄幹細胞順化培養液は、肌の土台となる部分をしっかり作る際に役立つもの。

単に保湿効果で潤わせるだけでなく、ハリの違いを実感出来たという口コミが多くなる理由です。

クロノセル VINUS 比較

ヒト幹細胞培養液には複数の種類があるのでVINUSにも配合されていることは確かですが、Chronocellでは具体的な培養液の種類を明示しているので比較しやすくなっています。

肌の調子を整えるためには複数層に渡り肌細胞は出来ているので、土台部分から表皮に至るまでを複数の成分でサポートした方がはるかに保湿効果を期待出来るわけです。

 

人により保湿効果の表れ方には差があるので、3つのヒト幹細胞培養液として具体的に何を使用しているのか明記していることは、使用者にとって肌質と合うか事前に判断することが出来ます。

毎日続けるために必要な実感出来ることを考えれば、クロノセルの具体的なヒト幹細胞培養液の種類明示は分かりやすいメリットといえます。

とくにアトピー体質など敏感肌の女性には嬉しいですね。

 

VINUSを比較したときのメリット②総合力の高さ

VINUSを比較したときのメリット②総合力の高さ

成分数が多いので総合力が高くより効果的というメリットがあります。

クロノセルに配合されている3つのグロースファクターは、1種類のみ配合しているVINUSよりも成分数で有利です。

VINUSに配合しているプラセンタ由来の活性ペプチドには、細胞分裂促進効果を期待できます。

一方、クロノセルに配合されているグロースファクターは、EGF/ヒトオリゴペプチド-1により肌のくすみとごわつきに対して作用するので、透明感ある肌をしっとり保つ際に最適です。

 

FGF/ヒトオリゴペプチド-13は潤いとツヤを出す成長因子として知られているので、細胞分裂促進を行いつつも水分の蒸発しすぎを防いでいます。

クロノセル VINUS 比較

さらに、IGF/合成ヒト遺伝子組換ポリペプチド-31により、肌のハリと弾力を増す方向で肌細胞の分裂を促します。

一見するとそれぞれが別の保湿成分としての役割を果たすものの、VINUSと比較した時に肌の”質感が良くなった実感がある”という口コミが多いことからも、グロースファクター成分は多いほど良いと分かります。

 

成長因子となる成分を比較した時にVINUSよりも多い3種類も配合していることから、使い続けるほどに違いを実感しやすいはず。

クロノセルならば総合力で肌のハリとツヤを保ちつつ、更に質感アップまで目指していることが分かりますね。

 

VINUSを比較したときのメリット③保湿処理

VINUSを比較したときのメリット③保湿処理

表皮ブドウ球菌が”肌フローラ”を整える役割を持っているため自然な形で保湿処理ができます。

VINUSではオーガニック素材を使用して肌に刺激を与えないように工夫されていますが、クロノセルと比較した時にはエイジングケアという観点からは天然成分の数が少なめとなりがちです。

なぜならChronocellには表皮ブドウ球菌を高濃度配合しているので、肌表面にいる常在菌の働きを加えることで肌表面のトラブルを未然に防ぐ役割を果たしているからです。

 

保湿性能だけを比較した時にはVINUSとクロノセルでは口コミに極端な違いは出なくても、エイジングケアという観点からは元々の成分の違いが出てしまいます。

肌にとって乾燥を引き起こす最大の原因は、皮脂を取りすぎることにより肌ベールを除去するほど洗いすぎてしまうこと。

クロノセル VINUS 比較

肌乾燥を防ぐ程度に必要な皮脂を残したままのスキンケアを行う際には、肌の常在菌を除去しすぎないことが求められます。

Chronocellに配合されている表皮ブドウ球菌は”肌フローラを整える役割”を持っているので、敢えて表皮常在菌を加えることで洗顔により失われた肌ベールを早期回復が期待できるわけです。

 

肌の保湿を考えた時に”汚れを除去するための洗顔後の保湿処理”が課題となりますが、クロノセルならば肌ベールを早期に復活させて安定させることが期待できますね。

 

クロノセルとVINUS(ヴァイナス)を比較したときのメリットまとめ

クロノセルとVINUS(ヴァイナス)を比較したときのメリットまとめ

ここまでをまとめておきます。

ヒト幹細胞培養液の種類がハッキリと明記されて事前確認ができる。

➝肌に合っているか確認できることは大切です。

成分数が多いので総合力が高くより効果的。

➝効果をより実感出来る期待が高まります。

表皮ブドウ球菌が”肌フローラ”を整える自然な形の保湿処理。

➝ムリにではなく優しい保湿を期待できます。

ということでした。

とくにこの中でも重要なのが総合力の高さになります。

ぜひ参考にしてみてくださいね♪

 

自分

私の体験談はこちら

クロノセルがアトピーにおすすめ♪

32歳主婦口コミまるで赤ちゃんの肌効果!?

比較してみた記事はこちら

-クロノセル比較
-

Copyright© クロノセルがアトピーにおすすめ?32歳主婦口コミまるで赤ちゃんの肌効果!? , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.